「当たり前」を学ぶ

日経BP IT Proのメルマガで、ビジネス・スクールに通うITエンジニアたち」というヘッドラインに興味を持ち、記事を読んでみた。ビジネス・スクールに通うITエンジニアたちがなぜ経営を学んでいるのか,また仕事を行う上でどのように役立っているのかを取材したものだが、 あるITエンジニアが「経営の仕組みを学んでいなかったらと思うと,ぞっとする・・・これまで自分が作るシステムがユーザー企業の経営にとってどんな意味を持ち,どのように役に立つのかが分かっていなかった」と語ったとの事を読んで、逆に今だにこんな当たり前のことを理解しようとしないでシステムを作っている人たちが大半なのかと愕然とした。

場創りのコンサルティングを行うにあたり、まず会社の目標を把握することから始める。それが当たり前だと思うようになってしまったが、良く考えてみれば、7年ほど前私自身この発想をファシリティ・マネジメントの思想から学んだのだったと思い出した。学校でそのようなことを理屈で教えられたのだと思う。でも全く身に着かなかった。社会人として働き始めたころ、きっとそのような話は周りで論じられていたのだと思う。でも気がつかなかった。ある程度自分の仕事が分かってきて、社会の仕組みに興味が出てきて始めて気づきがあり、学びがあった。

自分には当たり前でも、若い人たちに力を発揮してもらうためには、個々の興味レベルが熟した時、その人に対して分かりやすく説明できることが大切なんだとつくづく思った。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s