朝聴くチャンバーミュージックは、特に人の少ない場所で聴くと清々しい。今私が座っている3階の席からは、広尾の交差点が見えるので、良いビジュアル的な刺激になる。携帯でメールチェックをしていたら、メルマガのヘッドラインでイノベーションというキャッチフレーズが目に付いた。また、だ。私がイノベーションというキャッチフレーズに気がつくようになってから2年ほど経ったと思う。

流行とは面白い。多くの人たちが瞬時に熱く語り合えるトピックを与えてくれる。私もイノベーションというキャッチフレーズを使ってずいぶん色々な人たちと話をしてきた。でも、イノベーションというトピックで入っても、それぞれの企業の状況はまったく違う。イノベーションが起こりにくい企業の問題点は、官僚的な組織であったり、リーダシップであったり様々だ。それらは組織心理学や、行動学に発展する。数年前のキャッチフレーズはナレッジマネジメント、ナレッジワーカだった。ほとんどのキャッチフレーズは結果を一くくりで説明するものであり、例えばイノベーションにしても、ナレッジワークにしても、それを創めよう!といくら叫んでも何も起こらない。車を作ろう!ワークプレイスを作ろう!と叫んでも、協力しあう人々と知識がなければ何も起こらないのと一緒だ。そして、例えばイノベーションとかんたんに表現しているものは、実は人が組織となり、ありったけの暗黙知や形式知を出し合って融合しなければ創れない。

科学的経営、ジャスト・イン・タイム、ナレッジ・マネジメント、イノベーション。次のキャッチフレーズは何だろう?社会心理学、行動学系だろうと思うが、そのキャッチフレーズは?色々な人たちから是非アイデアを聞いてみたい。

外は暑い。ここから見えている交差点での温度はもう35℃位いっていそうだ。エアコンの効いたスタバでチェンバーミュージックを聴きながら、あと一時間仕事をしよう。