去年まで、ファッション、携帯、IT機器、車等のデザイン研究のサポート依頼が海外の企業から結構多かった。今はそのような外資メーカーの委託が急に無くなった。3年前辺りから、韓国や中国が如何に進んできたか話は聞いていたが、先日知り合いのデザイナーから韓国のコーディネーターの紹介依頼を受けて、終に来たんだな、と感じた。年末、年始と米国に行き、2年前は日本のほうがインフラが進んでいたのに、少なくともサンフランシスコ、アトランタ、フロリダ北部の観光地は米国の方がインフラが良くなったと感じた。無線、無線、無線ブロードバンドが当たり前。そしてそのブロードバンドを使った一般人の働き方は劇的に変わっていた。学びからプロセスまで、ソフトの部分で変わっていた。

日本は奥が深い。日本は洗練されている。でも日本の一般社会ではイノベーションを感じない。一般教育でも社会人教育でも今までと同じ学びのプロセス。ITのソフト観点から一般生活に浸透しているものは殆ど無い。ニュースになっていたとしても、使っている人口は多くて数パーセント。米国、韓国のように早く、深くするための一般使用が当たり前になっているというのは今の所起こっていない。

1990年辺りの日本バブル崩壊時期でも私の携わってきたワークプレイス、モノづくりの業界でイノベーションは起こっていたように思える。景気は良くなったようだが、プロセスの変革が無いため私の周りではイノベーションが起きていない。

次はどういった形になるのだろうか?日本は謙虚に海外から学ばなければならないのだろう。私の仕事のサイクルは、また海外の学びを日本に輸入する役割にシフトしたようだ。