オフィスを無くす本当の理由

12月6日の「オフィスはいらない」のエントリーを読んだ、友人のHoriさんからメールを頂いた:

Web見ました。事務所閉めるそうで。

須田さんが整理されているとおり、オフィスは、贅沢固定費はですね。

でも、個人的には、あの場所とあの雰囲気は好きでしたよ。まあ、須田さんもそうでしょう。

また、次なる仕掛けを楽しみにしています。

僕の方と言えば、一方、巨大な贅沢固定費ビル、オフィスビルを作っています。これもまた、なかなか、面白いですがね。

頂いたメールに対してお返事を書き始めたところ、実は「オフィスはいらない」ということより、私が神楽坂のオフィスを閉めたのは、他の理由のためだったのだと気が着いた。

私もあの場所とあの雰囲気は大好きでした。

家族ごと神楽坂の傍に引っ越すことも検討したのですが、高すぎて。子育てと仕事を両方フルにやりたい人間にとって、ロケーションの重要度を痛感しています。

通勤往復3時間は、平日起きている時間の18%であり、かつ、自宅から遠いところにある事務所にいる時間は、子どものケアが全くできないという状況。少なくともオフィスが傍であれば、目を見て、体に触れながらの会話が必要な時にできる。何故神楽坂事務所を閉めたかという理由を追求していくと、実は子育てファクターが一番大きいですね。

結局ウェブが起動に乗れば、自分の居場所としてまたどこか家の近くに「オフィス」を借りるので、コストは実は最大のファクターでは無いですね。

こうやって考えると、オフィスの位置づけはこのような優先順位なのでしょうか:

1.私の人生で一番大切なこと:フルに生きる

2.フルに生きるために一番大切なこと:家族と共に育つ

3.家族と共に育つために同等に大切なこと:
(1) 生活をする糧を得る
(2) 生きがいを感じる仕事をする
(3) 願わくば子どもたちが無事成人し、大人として60年間又はそれ以上生きた時、生きがいを感じることをして、社会貢献できるように育つことに影響を与える。そのためには、衣食住についての意識と自己管理が重要。

4.(1)と(2)のために大切な事は、それなりの仕事を探し、それを一生懸命やる。(3)のために大切なことは、子どもたちが成人するまで、言葉、行動で人として生きるために大切だと思っていることを伝え続ける。

5.現状では(1)と(2)をする場所としては、ウェブで自分の仕事を伝えていれば、ロケーションはフレキシブルだが、(3)は子どもとお互いに簡単にアクセスし合える場所だということが大切。

Horiさんのメールのおかげで、オフィスを無くすことの意味の本当の焦点にたどり着きました。有難うございました!早速これもブログのエントリーにさせて頂きますね!

神楽坂のオフィスに来てくださったことのある方たちに「オフィスを閉める」と話すと、殆ど皆さんがHoriさんと同じリアクションを示す。本当にステキな場所だった!

振り返ると、東京21世紀クラブが丸の内ビルにあったころも、10年前のスチールケースの広尾オフィスも、本当にステキだった。このブログにも写真が残っている。他にも、大好きだけれども無くなってしまったカフェや、風景も沢山ある。それと同時に、新しく発見した昔からある場所や、パートナーや友人たちが作ったオフィスも以前以上沢山ある。季節は変わる。変わると分かっているからそれぞれの今のステキさを称え、楽しみたい。大切なことを見失わないように。

2 thoughts on “オフィスを無くす本当の理由”

  1. 須田さん、久しぶりにBLOGみたら、事務所閉めたんですね。遅ればせながらと最近のサボリがばれましたね。
    さて、場ですが、この様に私は考えております。それは、時期(とき)であると。この時期を共有出来る人が、場所が、わたしにとってのオフィスなんだと思います。
    いろんな人が集まれて会話できる場所、飲食店や、井戸端、など様々な仕掛けが考えられると思います。
    私が悩んでいるのは、それでも全く素性の違った人同士が本当にふれあえる場所(仕事でなくともよいと思います)は、何なのか?
    これを探したいと思います。創るのでなく探したいと思います。

    なにやら怪しげですいません。20年くらい前に考えていたことですが、須田さんの問いかけにふと思い出しました。。

    Like

  2. norisan 先ほどのお電話+このコメント有難うございました!norisanと接する度に、血液型占いは信じられないと思ってしまいます。A型だ!とnorisanが宣言するたびに嘘でしょ!絶対B型でしょ!と言われますよね。今回のこのコメントや、先ほどのお電話でまたそう思ったので。まあ私もしょっちゅう突発的だからB型でしょ!と言われますが・・・。

    と最初から脱線してしまいました。

    凄く深いコメント頂き、感謝です!!

    「この時期を共有出来る人が、場所が、わたしにとってのオフィス」。これからこのnorisanの定義を使わせて下さい。

    「全く素性の違った人同士が本当にふれあえる場所(仕事でなくともよい)を創るのでなく探したい」これも使わせて下さい!

    考えてみると、私が全く素性の違った人と本当にふれあえた場所って、長距離フライトで、エコノミークラスで満席の時とか、海外で迷った時とか、入院した時とか、困った時、苦しい時のような気がします。人ってラクしてる時は鈍感になるのでしょうか?

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s