三つ子の魂

Kanta daycare diary (3)Kanta daycare diaryKanta daycare diary (2)

写真のデータを探していたら、三男のかんたが3歳前後の頃の保育園の日記連絡帳のイメージがあり、ちょっと読んでみた。保育園の様子は保育士さんが、うちでは家での様子をおばあちゃん、夫と私で書いていた。11年前のかんた。人は変わらない、とロジックでは分かってたけれど、性格や得意なこと、苦手なことは全く変わっていないことに驚いた。身体能力が高くて、3歳でよく側転をしていたことは覚えているけれど、お気に入りのバスケットボールで遊んでいるとの姿がストリートバスケを思わせていたという保育士さんのエントリーを読み返して、バスケをしている今の姿が3歳で既にあったんだ、と関心した。皆で分けるものは何でも真っ先にがめる。そして皆が何がなんだかよく分からないうちにさっさと一つずつ配り、残りを自分で好きに食べたり使ったりする。人前にぐいぐい出るけれど、褒められるともの凄く恥ずかしがってぷいっとなる。今更ながら、この子を伸ばすには、認めても、やたらと褒めてはいけないんだなと気がついた。先週多摩大学大学院の紺野先生のゼミで外部講師として参加させて頂き話した際、偉人が若くして面した大きな障害が原動力になる、という話をした。その時、紺野先生は、三つ子の魂百までも、ということも土台だ、と仰っていたことを思い出した。

かんたの中学バスケットボール部の保護者達は、たまたま子どもの成長を楽しんでいる人達が集まっている。今年7月でかんたの代の中学時代の部活は終わる。そのタイミングに合わせて記念に一人ずつの中3と3歳のころを比較するアルバムを作ろうと思っている。自分が信じていることを一生懸命にやり、それぞれの職場で影響力を持つ人間に育ってくれることを願って。

免責条項:この記事は須田冨士子がこれを書いた時点での意見、思いであり、過去、又将来の意見、思いとは異なることがよくあります。人は育ち、変わるもので、年齢とその時点での時代において意見、思いが時には退化し、時には進化するためです。記事の引用、利用はご自由にして頂いて結構ですが、どうぞこれらをご理解下さい。