権限

保育園の保護者役員会に参加した。必要事項を終わらせた後、子供を生み育てて初めて自分の仕事を本当に知ることができる、という話で盛り上がった。

一人のお母さんは栄養士。子供を育てる身になって、自分の知識が役に立たないということに愕然としたという。例えば子供が病気になって処方箋を買いに行く。すると、栄養士だと知っている薬剤師は、「食事に関してはよく分かっているだろうから・・・」と言って、何を食べたら症状に良いか遠慮してアドバイスしてくれなくて、「そんな、分からないから教えて下さい!」とすがったそうだ。栄養士で偉そうにしていても、分からない事の方が多いんだ、と知った。

もう一人のお母さんは、看護婦。お産に立ち会う時、ほら、そんなにあばれないで、息をちゃんとして、痛いときにいきんで!と言っていたのに、自分のお産の時に、そんなこと言われても何の役にも立たない、という事を思い知らされた。

専門の仕事をしていると、その道については権限があるように思えてくる。私のワークプレイスについて仕事も然り。特にコンサルタントなんて呼ばれると、それなりに振舞い始めてしまいがちだ。でも本当は、その道で日々自分の事として奮闘している人達の方が、よほど役にたつ知識を持っている。

現場に敬意を持って仕事にとりかかる。それがとても大切なんだな。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s