感動してもらえるレベル

「当社は業界に先んじて取り組んできた同事業の活動に加え、さらにユニバーサルデザインや環境に優しい商品の開発を進め、消費者に感動してもらえるレベルにまで高める。」 浸透するUDのトップダウンマネジメント、nikkeibp.jp Mail 朝刊

TOTOの木瀬照雄社長の言葉だ。「消費者に感動してもらえるレベル」とは、トム・ピーターズを読んでいそうだ。自分の仕事に結びつけると、誰に感動して欲しいのか。あくまでもエンド・ユーザーに感動を与えるという思いを持ち続けたい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s